貉藻栽培日記
水生の食虫植物「ムジナモ」の栽培日記です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

完全復活
アオミドロ被害にあったムジナモ鉢ですが、とりあえず完全復活しました。

以前のように美しい状態です(笑)。

アオミドロ対策で投入したドワーフフロッグピットが水面を覆いつつあります。
そろそろ少し間引かないといけませんね。


ムジナモは分岐もしてくれています。
これから秋に向けてこの調子を維持して行きたいですね。
スポンサーサイト
少し復活
アオミドロが酷くなってしまったムジナモ鉢ですが、ピートモスの投入、マツモと浮き草の投入、そして毎日多めの灌水を続けた結果、何とかアオミドロを押さえ込む事に成功したようです。


まだ完全にアオミドロが無くなったわけではないので、安心は禁物ですが、とりあえず大丈夫そうです。

ムジナモもかなり痩せてしまったのですが、芽先は回復傾向にあるので、この調子で復活してほしいですね。

アオミドロの洗礼

約9ヶ月ぶりの更新です。
今年はアオミドロの発生も無く、順調だ!と思っていたら、ここにきて急激にアオミドロが増えてきてしまいました。
とりあえずピートモスと浮き草(ドワーフフロッグピット)、それと先日メダカと一緒に購入したマツモを投入して、自然消滅を図ろうと思います。


ピートモスはこんな感じにお茶パックに詰めて使います。これを5個。

これで改善が見られないようならアンチグリーン使います。
冬支度
ちょっと更新をさぼっていたら、すっかり涼しくなってしまいました。
今年は夏の終わり頃から、アオミドロの発生が多少見られましたが、ムシナモの成長に支障はありませんでした。
この所朝晩が冷え込むようになってきたので、ムシナモ達も冬支度を始めました。
芽先が固まって冬芽になってきています。
残念ながら、冬芽が2芽になるほど充実した株はほとんどありません。
理想の姿

この時期、ムジナモは調子が良いと節間が詰まって葉が密生したようになり、芽先も丸く太っているので全体的にコロコロとした感じになります。
自分はこの姿が大好きで、まさに理想の姿です。
これが夏が終わって秋になると、また少し節間が伸びて長い感じになってきます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。